損するの?AEDリース・レンタル費用(コスト)【AEDまとめ】

AEDリース・レンタル

リースとレンタルという選択肢

AED設置の選択をするときに選択肢である「リース・レンタル」その価格等について導入の可否の観点から概略をまとめてみました。

大手警備会社が提供しているから安心!?

まず、リースやレンタルサービスについて、大手セキュリティ会社のもとで採用されているリース・レンタルによるAED設置。あの有名なセキュリティ会社が提供しているのだから良心的なサービスだろうと安心したあなた、実は損してしまう可能性があります。
一言で表現するなら...

「リースやレンタルは無用に高額です。」

通常購入価格が30万円前後だったとして、3年保有した時点では、まだリースが安いことが多いですが、そこが落とし穴で、5年目、7年目となると確実にリース・レンタルでは、毎月毎月費用が請求され、結果1.5倍から2倍までのコストを支払うことになります。契約についても更新等様々な問題が出てきてしまいます。コスト面を考えるなら...

リース・レンタルは提供会社が儲かるだけ...

大手警備会社が提供するパッケージサービスは、一件導入し易そうです。ですが、お金に余裕もあって何も考えないでAEDを設置したいという方以外は損をします。
AED設置を見守ってきた私たちが言えることは、

「リースやレンタルはやめましょう」

が結論です。

★【 AED寄贈のご案内 】
「AED JAPAN ~ 日本全国AED寄贈プロジェクト~」では、全国にAEDを気軽に導入できるよう国内企業が手を組んでできた仕組みによって無償でのAED設置を実現しました。
 購入、リース・レンタル不要、日本全国にAEDを無償で寄贈するという新しい形のご案内しております。
全国でご利用実績も多数ございます。
ぜひ、AED設置の際には、当プロジェクトをご利用ください。

AED JAPAN

1分で分かるAED講座編集部