AED(自動体外式除細動器)って何?【AEDまとめ】

画像の説明

AEDとは、

A:Automated(自動化された)、
E:External(体外式の)、
D:Defibrillator(除細動器)
の略です。

日本語では「自動体外式除細動器」といいます。

 機能について、簡単に。
 電極のついたパッドを裸の胸の上に貼ると自動的に心臓の状態を判断し、もし心臓が細かくふるえて血液を全身に送ることができないようであれば(心室細動)、電気ショックを与えて心臓を正常に戻すことができる機能を持っています。

 通常どのメーカーのものでも、電源を入れると音声による指示が出ます。その指示に従い、パッドを心肺停止の方の胸部の適切な場所んび取付けます。1歳以上8歳未満の子には小児用電極パッドを用いますが、機器によっては小児用がついていないこともあるので、この場合は成人用を用います。
心臓の状態をAEDが判断して、自動的に電気ショックが必要かどうかを教えてくれます。
 指示に従い、電気ショックをすることで、心室細動を止めて正しい心臓のリズムに戻し、人命を守ることができます。

★【 AED寄贈のご案内 】
「AED JAPAN ~ 日本全国AED寄贈プロジェクト~」では、全国にAEDを気軽に導入できるよう国内企業が手を組んでできた仕組みによって無償でのAED設置を実現しました。
 購入、リース・レンタル不要、日本全国にAEDを無償で寄贈するという新しい形のご案内しております。
全国でご利用実績も多数ございます。
ぜひ、AED設置の際には、当プロジェクトをご利用ください。